期末試験

みなさん、試験がんばってますか?え、俺?がんばってますよ、試験時間中(何
テストってもんは実力を見るもんであって、テスト勉強ってのは(ry
それはさておき、1週間ほど前(いつもの事ながらタイムリーじゃないです)玉城中の相手をしたり
小学生の相手をしたりと少林寺やってました。
玉城中の方は体験学習なので、少林寺の魅力っていうか面白さを十分にわかってもらうために
ichiさんと1年のH田と一緒に殴ったり(もち、胴突き)技かけたりとなかなか楽しかった。
で、小学生の方は、金曜日、突然顧問のH爪教官が現れて
「今晩、あいてる?」
唐突すぎ・・・しかも用件告げて行ってくし。
この今晩とは、少林寺の志摩支部で行われる昇級試験の事で、手伝えって言ってきたのだった。
まあ、テスト期間って行っても次の日は土曜日だったしどうって事なかったんですが、ちょっとびっくり。
この「手伝い」というとやる事は一つ。ずばり「試験官」
黒帯っていっても初段のペーペーなので、できるといっても少年部8,7級ぐらいだろうからそんなにも
難しくないけど・・・手順が・・・。
悩んでも仕方ないので、さっさとかえって飯食って準備して志摩支部に出発。
志摩支部はバイト先の目と鼻の先、中学校の武道場でいったらすでに結構な人数が来ていた。
普段、昇級試験は松阪の中学校でやっているけど、年に2回くらいブロック長(区域の代表)のところで
やるみたいで、今回は、今年のブロック長である志摩支部の先生のところだった。
ここブロックは事実上中部以南のすべての地域なので、かなり広い。一志や多気などは遠すぎてこれないので
人が少なくなってしまう。そこで借り出されたのだが、それでも足りない・・・。
やっぱり俺の方にも割り振りが来て、ichiさんと一緒に少年部8級。試験科目を見ると、どうみても30分もかからない量。
ichiさんの話だとこれを1時間かけてやらなければならないらしい。
はじめ、6〜7人だったのが多いみたいで2つに分けられて3人になった。
そんな話をしていると、後から来る先生まちだけど、割り振りできて実技試験が開始した。
試験自体はとくに問題もなく終了。採点も○、△、×の3段階だけど、○か△かで悩む。
ichiさんと相談しながら採点も終わらして、点数を計算している部屋に持っていく。
ブロック長の先生はいなかったけど、別の先生に採点の紙を渡して完了。
今回、商船の1年生も受けに来ているので、ちょっと様子を見るとなんとかがんばってるみたい。
まあ、試験前1週間のうちに2回しか練習してないみたいだから、受かるかどうかは微妙だったけど
結果は受験者全員合格。落ちる方が珍しいが、一回ぐらい落ちておくのもまた勉強かも(ぉ
あ、期末試験だっけ?
がんばってる人もいるから、最後まで気を抜かずいきましょう〜ってことなのですよ。

コメント