Linux

ども、インストール大好きなarumです。
家のPCにはLinux用というか、Windowsとは別にパーティションがきってあります。
ずっとVineをインストールしてたんですが、全然使ってないのでいろいろなOSのインストール用に使ってます。
Vineをはじめ、FreeBSD、Solarisとかもインストールしたりしたけど、やっぱり使いませんでした。
なので、またまた新しいディストリビューションをインストールしました。
その名は「Fedora Core」というLinux。
Red Hat Linuxがディストリビューションのリリースをやめてエンタープライズ向けのみに切り替えた
ときに生まれた、Red Hat後継のLinuxなのです。
もともとFedora Projectというのがあって、Red Hat Linuxで
apt(debianのパッケージ管理ツール)やyum(Yellow Dogのアップデートツール)を使えるようにした
プロジェクトで、そことRed Hatがオープン開発でくっついたというわけです。
そしてFedoraは、たぶんLinuxとしてはじめてUnicodeを標準の文字コードと採用しています。
しかも、ブートログを隠すようなスプラッシュ画像も搭載し、エンドユーザまで視野に入れているような
印象をうけました。
商用レベルのLinuxが無料でインストールできるので、一度触ってみるのもいいかもしれません。

コメント