納得力

前回の日記で「読み逃げ」の話をしたが、話題が話題だけにコメントもらってうれしかった。
前回コメントを返せなかったけど、ちゃんと読んでます!これだけ言いたかった。
さて、ネモ氏はすでにチェック済みと思うが、まあぶっちゃけ漫画からの引用。
”納得力”
インターネットで検索すればいくつか出てくるが、つまりは説得力の逆。納得する力(まんまやね
現象と理由がつながらないときに、その2つをくっつける力でもある。
俺もサーバトラブルなどでリーダと話すと「あれがこれでこうなんだよ」なんて言われるけど(たとえじゃなくて本当にこういう)
両者が同様の事を考えてるときなんか、こんな会話でも話が伝わってしまう。
つまり、「相手がこう考えている」事を考え、理解する力が納得力になる。(ややこしい!
ぶっちゃけてしまえば、小学生の頃からよく言われている「相手の事をよく考えましょう」ということ。
この能力が始めから高ければいらない争いも起きないと思うのだが。。。人間とは悲しい生き物である。
で、話題は変わりまして、
ひこぼう氏おすすめの森 博嗣の『すべてがFになる』を買ってみた。
電車の暇つぶしがなくなり、携帯料金もやばくなってきたので、ここらでミステリーに走ろうと思う。
というか、この人工学博士なんやね。冒頭からオブジェクト指向の本の引用出されたときは買う本間違えたかと思った。
この作品でメフィスト大賞取ったみたいなので楽しみだな。

すべてがFになる
すべてがFになる

posted with amazlet on 07.03.27
森 博嗣
講談社 (1996/04)
売り上げランキング: 187309
コメント