プロフサイトであるstoic.jpTwitter Bootstrapで書き直してみた。
ヘッダーがあって、そのしたに何個かのカラムがあるようなサイトを作るときなんかさっくり作れる。
基本的にCSSのフレームワークだけど、jQueryを使って拡張ができて、ダイアログを表示したり、タブを簡単に実装できる。
エンジニアがツールを作ったりするとCSSがうまくかけずに素っ気ないページができあがるけど、これを使えばちょっとかっこいい物ができそう。
あと、レスポンシブレイアウトにすぐに対応できるのもいい。PCとスマートフォンで同じページを(それなりに)見せられるのは魅力的。

Twitter Bootstrapを使うには、配布サイトからzipを落としてきて自分でファイルを置かないといけないけど、世の中にはJavaScriptをホスティングしてくれてるサービスがいくつかあったのでまとめてみた。
基本的に海外のサイトだけど、CDNを使ってそこそこ速そうだったのでpingを打って確かめてみた。
続きを読む